大福

鉄道やバス、船など様々な乗り物などが好きな大学生の拙いブログです。ゆるーく書いています。

【旅日記R106】花より車両?「たんばらラベンダー号」へ乗車してきた!

  皆さんこんにちは、水野です。学生の皆さんは既に夏休み、社会人の方々もそろそろ長く休みが取れる時期ではないでしょうか?

 そこで、直ぐに行けてしかもレアな、臨時快速たんばらラベンダー号」に乗ってきたので紹介します。

f:id:mizunotravel:20190802023902j:image

1.「from趣to趣」渋川→沼田

 この「たんばらラベンダー号」は、行きは東北線上野駅から、帰りは上越線沼田駅を始発駅としています。今回は大学の帰りに乗ろうということで、沼田駅からの乗車となります。家は北関東なのに夕方からなぜ上野に向かうのか…

f:id:mizunotravel:20190802115716j:image

 まずは渋川駅を見ていくことにします。駅のホームはところどころ、昔の国鉄感があり私は好みです。


f:id:mizunotravel:20190802113401j:image

f:id:mizunotravel:20190802113413j:image

 また、上越線の主要駅は駅名標がこのように特徴的で、この写真を撮って集めるのも面白いかもしれません。

f:id:mizunotravel:20190802095911j:image

 改札外に出て、駅舎や周辺を撮影。とても、味のある良い駅舎だと思いました。また、ここは伊香保温泉へのアクセス拠点として一役買っており、繁忙期になればこのバスターミナルはひっきりなしにバスがやってきます。


f:id:mizunotravel:20190802113506j:image

f:id:mizunotravel:20190802113539j:image

f:id:mizunotravel:20190802113608j:image

f:id:mizunotravel:20190802114027j:image

f:id:mizunotravel:20190802113700j:image

f:id:mizunotravel:20190802113640j:image

f:id:mizunotravel:20190802113728j:image

f:id:mizunotravel:20190802113713j:image

 観光需要が大きいからか、駅前には立派なホテルやNewDaysがありました。


f:id:mizunotravel:20190802113904j:image

f:id:mizunotravel:20190802113851j:image

 それでは、やってきた211系に乗って沼田駅まで向かいます。途中も綺麗なのですが、あとでのお楽しみにしておくことにしました。

 そして着きました、沼田駅。到着してまず驚いたのは「かなり綺麗だ」といった点です。例えるならば、高崎線神保原駅中央西線南木曽駅でしょうか。2面3線(1面は島式)のホームで、階段は地下式。なんだか、本当に普通列車が毎日行き来してるだけの駅には到底思えません。


f:id:mizunotravel:20190802114137j:image

f:id:mizunotravel:20190802114157j:image

 また、行き先案内に「新潟」の文字が見えるのも、「ここまでよく来たなぁ…」としみじみ思わせるものです。


f:id:mizunotravel:20190802114233j:image

f:id:mizunotravel:20190802114217j:image

 改札横では、天狗様がお出迎え。とっても凛々しいです。


f:id:mizunotravel:20190802114510j:image

f:id:mizunotravel:20190802114522j:image

 「ようこそ」と迎えられ改札を通ります。

f:id:mizunotravel:20190802121405j:image

改札の外も、かなりの好印象。駅前には売店があり、とてもローカルな路線とは思えない立派な駅舎やロータリー、堂々と銅像がそびえ立つ姿は、まさにこの地の住民の誇りやプライド、この地への愛着を感じさせます。


f:id:mizunotravel:20190802114708j:image

f:id:mizunotravel:20190802114722j:image

f:id:mizunotravel:20190802114810j:image

f:id:mizunotravel:20190802114824j:image

 また、個人的に面白いな!と思えるものが沢山ありました。駅舎に掲げられていた地図や、老神温泉などの登りなど、どれを取っても魅力があります。


f:id:mizunotravel:20190802121351j:image

f:id:mizunotravel:20190802121338j:image

 個人的に印象に残ったのは、この「沼田八景」の絵です。改札を出た正面にあり、この地がどのような地なのかをひと目でわかることができます。これはかなり良い点だと思います。

f:id:mizunotravel:20190802114950j:image


f:id:mizunotravel:20190802115054j:image

f:id:mizunotravel:20190802115108j:image

f:id:mizunotravel:20190802115159j:image

f:id:mizunotravel:20190802115215j:image

 ちなみに、ここも渋川駅と同様に駅名標が一風変わっています。上越線はこういう所ばかりなのですかね?これを撮りに旅に出たいと思ってしまいます。

f:id:mizunotravel:20190802100037j:image

 しばらくして、485系の車両が入線。脇には「リゾートやまどり」と書かれていますが、今回は「たんばらラベンダー号」としての運用です。入線したのは発車の15分ほど前だったと思いますが、それでも多くのマニアが撮影をしておりました。私もその1人です。(´›ω‹`)フエエ…

f:id:mizunotravel:20190802121125j:image

改札からも見えました。

f:id:mizunotravel:20190802121140j:image

2.485系探索

・外観編

 さて、ここからはじっくりとこの車両を見学していくわけですが、詳しい歴史等については8/7投稿の記事をご覧下さい。そちらに書きますので、こちらでは見たものなどについてのご紹介にとどめます。

  私がこの車両を初めて見た時、「イモムシか?」と思いました。これを言うとJRのお偉いさんに叱られそうですが、色合いといい形といいなんとも言えないイモムシっぷりだと思います。

f:id:mizunotravel:20190802153459j:image

 しかし、カッコいい…上野の写真も後でご紹介しますが、この車両は光にものすごく映える気がします。

 早速車内に乗り込んで行きます。

・車内編

 こちらの車両はもともとお座敷車両だったこともあり、651系などのような特急車両とはまた違ったつくりをしています。フリースペースや畳のスペース・キッズルームなど充実しており飽きません。

f:id:mizunotravel:20190803002159j:plain
f:id:mizunotravel:20190803002204j:plain

ドア付近にはこんな小さな椅子が。果たして本当に座る用なのでしょうか…?

f:id:mizunotravel:20190802173850j:image

 

 また、車両両端には展望スペースがあります。しかしながら、座っているお客さんに迷惑がかかるため、あまりズケズケと立ち入ることはできませんでした。

f:id:mizunotravel:20190802153954j:image

 座席自体も魅力的。まるでグリーン車のようなゆったり感に、両面付きのフットレスト。これが2時間以上乗って520円とは…驚くばかりです。

f:id:mizunotravel:20190802153804j:image

f:id:mizunotravel:20190802154039j:image


f:id:mizunotravel:20190802154427j:image

f:id:mizunotravel:20190802154441j:image

3.乗車記

 沼田駅は、接続の普通列車待ちで9分の遅れで発車しました。駅の横断幕が車内からでもしっかりと見えます。

f:id:mizunotravel:20190802153851j:image

 走り出して早速、利根川を左手に携えて列車は駆け抜けます。とても綺麗な風景です。

 

f:id:mizunotravel:20190803002334j:plain

 …これはリアルにファミリーマートなのでしょうか。こんなタイプは見たことがありません。

f:id:mizunotravel:20190803002350j:plain

 右側には街の景色が、左側には利根川やダムが見えて非常に美しい景色です。

 ドアも美しいです。流れ行く景色にとても綺麗に映えています。

f:id:mizunotravel:20190802173609j:image

 そうこうしている間に、高崎に到着。(といっても、何も映すわけではなかったですが)この時点で3分遅れにまで遅延回復していました。ただただ凄いの一言です。

 ちなみに、フリースペースから見る上越線の景色は額縁から覗いているようで綺麗でした。まさに「沼田八景」です。ぜひ見ていただきたいです。

f:id:mizunotravel:20190803002623j:plain

 ここからは、車内で学期末のレポートを書いていたので特に映してはいません。気になったのは、かなり誤乗車が多いことです。アナウンスをしていても入ってきてしまう方がいるようで、私の車両には上尾近辺で5人程度いました。なかなか対策も難しいのでしょう。

4.最後に~上野駅にて~

 そうこうしている間に上野駅に到着。地下の行き止まりホームに入るあたり、古い特急が連想されます。先ほど述べたように、この列車はやはり光に映えますね。とても綺麗です。


f:id:mizunotravel:20190803003134j:image

f:id:mizunotravel:20190803003155j:image

 ホームでは、写真に収めようと10人程度が頑張っていました。私もその1人です。

 上野駅もやはり良いですね。地下から見上げる常磐線が素敵だと思います。これについても8月第2週頃に投稿する予定なのでお楽しみに。


f:id:mizunotravel:20190803003627j:image

f:id:mizunotravel:20190803003645j:image

今回はここまでです。ご覧いただきありがとうございました。

明日は、《【駅探訪】駅から温泉は湧くのか?伊香保温泉の麓「渋川駅》を投稿します。