大福

鉄道やバス、船など様々な乗り物などが好きな大学生の拙いブログです。ゆるーく書いています。

【駅探訪】駅から温泉は湧くのか?伊香保温泉の麓「渋川駅」

 皆さんこんにちは、水野です。暑い日が続きますね。私は、バイトで脱水症状未遂になりふらふらになりました…気を付けましょう! 

 さて、今回は伊香保温泉の最寄り駅「渋川駅」についてご紹介していこうと思います。

f:id:mizunotravel:20190803154218j:plain

 あらかじめ申しておきますが、タイトルで書いたような温泉が出るなどは一切ありません。こうすれば見てもらえると思って書きました。早速渋川駅について紹介していきます。ちなみに、渋川駅については前回の記事で軽く紹介をしていますので、そちらもあわせてごらんください。

www.mtra.xyz

  この記事では、駅舎や外観などの大まかな要素のみを紹介しましたので、今回は歴史などについて深く掘り下げていこうと思います。

f:id:mizunotravel:20190802113522j:plain

渋川駅外観

1.渋川駅の概要

 渋川駅は、上越線吾妻線の通る駅となっており、規則上は吾妻線の起点となっています。(しかし実際は多くの列車が高崎や新前橋行きであるため、起点の役割はさほど果たしてはいない)

 また、特急草津やかつて運行されていた特急水上などの特急列車の主要な停車駅としても名高く、この地名を知る多県民の方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

f:id:mizunotravel:20190803003645j:plain

吾妻線内でも活躍する651系

 そんな渋川駅の歴史は、大正時代までさかのぼります。

 大正時代、上越線計画の際には渋川の反対側に当たる利根川左岸を通る予定でした。しかしながら、渋川の人々の働きかけにより利根川右岸すなわち渋川側に線路が敷設されることとなりました。それに合わせて、渋川駅も作られる運びとなりました。

お名前.com

 そして、大正10年に現在の新前橋から渋川までが建設をされました。その後、沼田駅までの開通などを経て、上越線は1931年に全線開業しました。今まで、東京から新潟方面へ抜けるには信越本線を使うしかありませんでしたが、大幅な時間短縮になり新潟方面へ行きやすくなりました。

 また、1945年には長野原線(現:吾妻線)が全線開通し、旅客・貨物ともに開業をしました。

 渋川駅はこのように、群馬県内の鉄道史の中で大きな役割を担っています。

 また、昔は三国街道の宿場町として栄えたこの渋川には名残も数多く残っているので、ぜひ訪れていただきたいです。

お名前.comお名前.com

2.伊香保温泉とのかかわり

 伊香保温泉自体も大変歴史のあるところで、見どころは深くあります。発見は1300年前から1900年前ともいわれているほどの歴史があり、戦国時代に今のような温泉街が形成されたと言われています。明治頃から今のように観光の地として広く愛されていました。

f:id:mizunotravel:20190803154410j:image
f:id:mizunotravel:20190803154353j:image

 400段?くらいだったかと思いますが、かなりの段数の石段が有名で、上るには大変ですが、上り切った後の景色は格別です。

f:id:mizunotravel:20190803154422j:image

 渋川駅伊香保温泉のかかわりが深くなり始めたのは、1910年に渋川から路面電車が敷設されたことに始まります。それから長らく活躍してきましたが、バスの需要が高まり、路面電車からバスに転換されました。

 その名残からか、最寄り駅である渋川駅へ向かうバスの集うバスターミナルは、毎日大盛況です。

f:id:mizunotravel:20190802113608j:plain

渋川駅前バスターミナル

3.渋川駅の様子

 さて、歴史の話もここまでにして、今の渋川駅をレポートしていきます。渋川駅の外観はこんな感じ。とても新しく、落ち着きのある雰囲気の駅ですね。

f:id:mizunotravel:20190802113522j:plain

渋川駅舎外観

 ちなみに、観光地の最寄り駅であり特急停車駅ということもあり、指定席券売機みどりの窓口が備わっています。が、少ないので早めの切符購入を…

f:id:mizunotravel:20190803144904j:plain

改札を出て右側です

  駅舎正面から見て右側には、休憩室があります。中には、展示があったり地元高校の生徒さんたちの作ったクッションが置いてあったりと、愛にあふれるスペースとなっています。コンビニNewDaysと繋がっていますので、電車が来るまでここで何か食べたり飲んだりしながら待つことができます。

f:id:mizunotravel:20190802113904j:plain

休憩室は人が多すぎて撮影できていません

 改札はこんな感じ。光の関係でうまく見えませんが、スマホの方はピンチしていただければ多少は見やすくなるかと思います。雰囲気はとても良いです。

お名前.com

f:id:mizunotravel:20190802113413j:plain

 列車が来るとこんな感じです。これは1番線なので沼田・水上方面長野原草津口方面の下り列車用ホームです。反対側が上りホームになります。

f:id:mizunotravel:20190803150311j:plain

 駅名標はこんな感じ。上越線の主要駅は大体こうなっています。初めて見た時は驚いたのと同時に、「ここまで来たんだ!」とワクワクもしました。

f:id:mizunotravel:20190803154218j:image

  国鉄感もかすかに残るあたり、素敵な場所だなと改めて実感をしました。

f:id:mizunotravel:20190803151626j:plain

4.最後に

 今回は渋川駅について紹介しました。昔から伊香保温泉や榛名湖への観光の拠点を担いながらも、駅舎自体にも趣があり長くいても飽きないです。ぜひ、伊香保温泉だけでなく、草津温泉への観光のついででもよいので寄ってみていただけると旅がより楽しくなるのではないでしょうか?今日はこれまで、ご覧いただきありがとうございました。

 明日は、≪群馬県北部一大都市の駅はどんなもんだべ?「沼田駅≫を投稿します。お楽しみに。