大福

鉄道やバス、船など様々な乗り物などが好きな大学生の拙いブログです。ゆるーく書いています。

【駅探訪】ルールの通用しない街?「愛知御津駅」

 皆さんこんにちは、水野です。今回は、JR東海東海道線の「愛知御津駅」について紹介をしていこうと思います。この駅は、いたって普通なローカルな駅ですが、この駅名について触れながら紹介を進めていこうと思います。ちなみに、歴史もかなりある凄い駅です。

f:id:mizunotravel:20190809222819j:plain

 1.駅名の命名にはルールがある

 皆さんの最寄り駅はどこでしょうか?新宿や上野、御徒町や尼崎など人それぞれだと思いますが、その中に旧国名の入る駅名のかたはいらっしゃいますか?また、そんな感じの駅を思いつきますか?例えば、上総一ノ宮尾張星の宮播州赤穂などあると思います。このような駅は、基本的に駅名がどこかで被る場合に使われます。「いちのみや」であれば、尾張と上総の両方にあります。

 しかしながら、このルールから外れた駅も少なからず存在します。私の現在のホームグラウンドである、群馬県には「群馬八幡」や「群馬総社」などが存在します。

 この「愛知」を冠に付ける駅は全国でもここだけです。(豊橋鉄道愛知大学前は除外)なぜ旧国名三河を付けなかったのか。それはかなり単純でした。

 ここはかつて宝飯郡御油という名前の自治体で、駅も「御油」という名前でした。現在では御油駅と言えば名鉄豊川線の駅ですが、かつてはこちらが御油駅だったため、「御油」(当時愛知電気鉄道線)という名で開業をしておりました。

 この駅は古くからありましたが、戦後になると駅名を変える動きに。「御津」「三河御津」「愛知御津」の3つの選択肢が出されましたが、茨城の水戸と混ざる懸念や、周りに「三河」を冠につける駅が多すぎるため、混乱が起きるのではといった話から、愛知御津に決定されました。

 この周りには、三河三谷三河大塚があります。しかもその2駅とこの駅は連続していますので、ここがもし三河御津だったら3駅連続の羽目に…これで良かったと思います。

2.愛知御津駅について

 さて、愛知御津駅について詳しく紹介していこうと思います。詳しくと自信を持って言えるのは、待ち時間が長すぎて写真を撮りまくりすぎたためです。この移動の際の工程は後日旅日記にして登校しますのでお楽しみに…

 駅舎をまずご紹介しましょう。こんな感じです。白を基調とした、どこか異国情緒や昔らしさすら感じる駅で、とても面白い駅だなと感じました。

f:id:mizunotravel:20190809222819j:plain

  ここは、単式ホーム1面1線・島式ホーム1面2線の合計2面3線となっており、つくりはかなり豪華です。が、この駅には快速・新快速・特別快速などの優等列車は止まらず、普通列車のみの停車駅となっています。駅だけを見るとそうは思えない立派な作りです。

f:id:mizunotravel:20190809223435j:plain

 上記では2面3線と言っていますが、この駅にはもう一本営業列車の止まれない留置線があります。ここには稀に列車が停車するので、ある意味見ものです。

f:id:mizunotravel:20190809223730j:plain

 これだけ見るとつくりは完全に沼田駅です。沼田駅については、過去の記事でも触れていますのでぜひお読みください。

 

www.mtra.xyz

  この駅の驚くべきところは、バリアフリー一切無視の点です。かなり需要のある駅のはずであるのに、跨線橋一本しか島式ホームから改札へ行く手立てがありません。エレベーター置いたらいいのにと強く思います。

f:id:mizunotravel:20190810093250j:plain

f:id:mizunotravel:20190809224410j:plain

 改札方面へ移ってみましょう。改札に駅員さんはいません。そうです、ここは何を隠そう無人駅です。私は18きっぷで訪れたのですが、初めは困惑しました。改札機左の呼び出しボタンで問いあわせると良いのだそうです。

f:id:mizunotravel:20190809224153j:plain

 ホームはこんな感じ。スラーっと一直線になったホームはかなりの迫力です。

f:id:mizunotravel:20190809224341j:plain

  改札外に出てみましょう。中は落ち着いた雰囲気で、こじんまりといった感じ。私はこの雰囲気は好きです。券売機は一つ。おそらく定期以外の需要が少ないのでしょう。

f:id:mizunotravel:20190810090655j:plain

f:id:mizunotravel:20190810090723j:plain

f:id:mizunotravel:20190810090733j:plain

 蒲郡市が近いということで、蒲郡競艇浜名湖競艇場に関するチラシがここにおいてありました。この地ならではですね。

f:id:mizunotravel:20190810090932j:plain

 駅の外にはロータリーがあります。小さめのロータリーですが、駅を出た際の感じでは、これで程よいのだろうなと感じました。学生も多かったのですが、かなりの方が自転車で帰られていましたからね。自転車置き場は、駅を正面から見て左側です。

f:id:mizunotravel:20190810091220j:plain

f:id:mizunotravel:20190810091231j:plain

 駅前ロータリーをぐるぐる回っていると、こんな立て看板がありました。豊川市に関する案内がなされています。

f:id:mizunotravel:20190810091427j:plain

f:id:mizunotravel:20190810091437j:plain

f:id:mizunotravel:20190810091447j:plain

 同じロータリーには、立て札も。この駅はそんなに歴史があったのか!と強く驚きました。

f:id:mizunotravel:20190810091628j:plain

 また、駅前には自転車預かり場なるものが。ここの店主さんに話しかけていただきましたが、とても気づかいのできる方だなと感じました。

f:id:mizunotravel:20190810092347j:plain

 外には神社のようなものがあります。そこでお参りすればよかったと後悔しています。

f:id:mizunotravel:20190810094157j:plain

 まだ、写真が残りまくっているので載せますが、本当に綺麗な駅舎だと思います。私はかなり好きですね。

f:id:mizunotravel:20190810092609j:plain

 さぁ、ホームに戻りましょう。1番線の豊橋方面の車両が通過していく写真です。迫力は凄いです。

f:id:mizunotravel:20190810092847j:plain

f:id:mizunotravel:20190810092851j:plain

 3番線の発車シーンも。ここの発車は、カーブや跨線橋に消えていく車両が美しいところです。

f:id:mizunotravel:20190810093052j:plain

f:id:mizunotravel:20190810093057j:plain

3.さいごに

 愛知御津駅は全国唯一の「愛知」を冠に付けた駅で、130年以上の長い歴史も持つ駅となっています。この駅は普通しか止まりませんが、駅舎の美しさや通過する列車が映える点など見どころは多いです。ぜひ時間があれば訪れていただきたいです。ご覧いただきありがとうございました。