大福

鉄道やバス、船など様々な乗り物などが好きな大学生の拙いブログです。ゆるーく書いています。

【夏北海道Part.0】人生初北海道へ行く「概要編」

皆さんこんにちは、水野です。今回から連載を始めていきます。毎週木曜日に6回に分けて【人生初の北海道旅】をレポートしていきます。

まずは、この旅の概要編として行程など紹介できる範囲で紹介していこうと思います。

この度のスタートは群馬県高崎市高崎駅からです。上越線を使い新潟まで出たあとは日本海沿いにひた走っていきます。その後、新青森からは新幹線を使い北海道へ。ほぼ鉄道列車を使っての旅となります。細かく行程を分けながら、各日の見所についても紹介をしていこうと思います。

※路線は赤字・飛行機のみ青字での表記

 

f:id:mizunotravel:20190905220655j:plain

 

【第1日目】高崎駅上越線水上駅越後湯沢駅新潟駅

 高崎駅を出発するのですが天候が悪く、肝心の上越国境を上手く見ることができるのか不安が募ります。湯檜曽のループや土合駅の様子を上手く撮影できるか勝負してきました。そして、新潟駅は…うーん…これ以上は言わないほうが良いかもしれません。

【第2日目】新潟駅(白新線羽越線)→秋田駅新青森駅(北海道新幹線)→新函館北斗駅(函館本線)→札幌駅

 この日が6日間で一番の山場かもしれないと思うほど、6日間の中で一番豪華な列車旅です。まずは、みんな大好き特急「いなほ」で秋田へ向かいます。ここで出会ったいなほの有効活用法や絶景を惜しまずに届けていこうと思います。また、途中下車した秋田駅や特急「つがる」の車内で食べた駅弁”牛めし弁当”についてもきちんと紹介をしていこうと思います。つがるから乗り換える北海道新幹線はやぶさ」号に乗るために到着した新青森駅ではまさかのあれを目撃!?盛りだくさん過ぎて2回に分かれる可能性があります。

【第3日目】札幌駅(函館本線)→旭川駅宗谷本線)→稚内

 風邪を引きました。本当は札沼線に乗り豊ヶ岡駅の秘境具合に癒されに行く予定でしたが、そんな予定もしっかり壊れて、くたばりながら予約したホテルのある稚内に行くために列車地獄を進みます。ライラックの自由席は超混雑。生きて自宅に帰れるのか不安になりました。その中でも見つけた宗谷の絶景を必死に写真に収めてきましたので、ぜひご覧ください。

【第4日目】稚内駅(宗谷本線)→旭川駅石北本線)→網走駅(釧網本線)→北浜駅→塘路

 この日は前日よりは体調が回復した関係で、思い切り北海道を感じることができる一日でした。各駅での時間もあり、それぞれの駅での新たな出会いや美味しい食べ物に心も体も踊りました。日本一流氷に近い駅?でおなじみの北浜駅の景色は素晴らしいです。気になると思いますが、記事をご覧いただくまではあまり検索などされないほうが良いと思います。また、塘路駅ではある宿泊施設に泊まらせていただくことに。とても素敵な宿ですよ!

【第5日目】釧路湿原塘路駅(釧網本線)→釧路駅根室本線)→札幌駅

  この日は釧路湿原から始まります。前日の宿の方や塘路駅の喫茶店のマスターから教わった情報を基に、ただ広くて何もない、でも心は洗われる釧路湿原を堪能します。探検のさなかで出会ったおじいちゃんにいただいたものに心を打たれます。そこにいらっしゃったおじいちゃんたちには重要な任務があったそうです。そこで伺ったお話もまたお伝えしたいと思います。

【第6日目】札幌市周辺(千歳線)→新千歳空港スカイマーク704便)→羽田空港

 この日が旅の最終日です。正直、「やっとだ…」と思わなくもなかったです。かなり長かったですし、体調も崩しましたし。しかしながら、まだ見たことのない札幌の街をメインにぐるぐる回ることにしました。北海道の普通の町並みはほかの地域とどのように違うのかなど、かなりミクロな視点から北海道・札幌を観察してみました。偉そうなことを言っていますが、観察程度ですのであしからず…帰りは急遽飛行機を予約することに。知る人ぞ知るスカイマークの「深夜便」に搭乗してきました。初スカイマーク・初深夜便・初一人での飛行機など初めて尽くしの帰りになりました。そのあたりの話も詳しくしていこうと思います。

 

 

 以上が行程などの紹介となります。毎週月曜日に投稿していこうと思いますのでよろしくお願いします。最初の投稿は9月9日を予定しています。毎週ご覧いただけると有難いです。

 ちなみにですが、9月9日まではサイトの広告化のためにメンテナンスをします。が、記事は見ることができますのでご安心を。数記事を削除や非公開などさせていただきますが、今後のブログ活動には欠かせませんのでご理解をお願いします。