大福

鉄道やバス、船など様々な乗り物などが好きな大学生の拙いブログです。ゆるーく書いています。

【夏北海道Extra.】地獄の7時間…深夜の羽田行き飛行機は降りた後が過酷だった。

 皆さんこんにちは、大福です。前回まで6回にわたりお送りしてきた北海道旅行記ですが、今回が本当の最終回になります。今回は深夜新千歳空港から羽田空港に向かう便、知る人ぞ知るスカイマーク704便に乗車していきます。

 

 1.札幌⇒新千歳空港

 札幌駅の綺麗な夜景に別れを告げて、しぶしぶ新千歳空港に向かうことにします。札幌の綺麗な夜景は前回の記事をご覧ください。

www.mtra.xyz

  札幌駅からは「快速エアポート」に乗っていくことにします。新千歳空港・札幌といえばこれを思い浮かべる方も少なくはないのでしょうか。私はこれの指定席に乗車することにします。この指定席は「uシート」と呼ばれ、指定券やみどりの窓口で購入することができます。が、すぐに売り切れてしまいますのでぜひ早めの購入をしておくことをお勧めしたいです。

f:id:mizunotravel:20191015145334j:plain

 それではホームに向かっていきます。改札前にいらっしゃる方にもお別れを告げます。

f:id:mizunotravel:20191015150012j:plain

「イランカラッテ」キャンペーンに際し建設された像

 ホームに上るとすでに列車は止まっていました。これに乗り込んでいきます。

f:id:mizunotravel:20191015150333j:plain

f:id:mizunotravel:20191015150354j:plain

 早速乗車していきます。座席は特急普通車や首都圏の普通列車グリーン車に似ています。普通列車グリーン車についてはこちらの記事もご覧ください。

www.mtra.xyz

座席はこんな感じです。電車列車ですので、細かな振動などは気動車に比べて少なく快適だと感じました。

f:id:mizunotravel:20191015150931j:plain

f:id:mizunotravel:20191015151014j:plain

 確かコンセントはなかったと思いますので、そこに関しては自残に調べていただく必要があると思います。

 また、座席空間も狭すぎるといったことはなくとても快適です。今回は乗客が私のみでしたが、普段は混雑しているので、それが不快に思う方もいるかもしれませんが普通車に比べれば幾分かましだと思います。チケットホルダーもあります。が、お取り忘れ鳥忘れにはご注意を。

f:id:mizunotravel:20191015151807j:plain

2.新千歳空港⇒SKY704⇒羽田空港

 さて、しばらくして終着の新千歳空港駅に到着しました。普通車の人もほとんどは南千歳などで下車をしたようで、新千歳空港には両手で数え切れるレベルの人数しか下車しませんでした。

f:id:mizunotravel:20191015152017j:plain

 ホームには石狩当別行きの快速エアポートが停車していました。こちらにも乗ってみたいものです。ちなみに、札幌より先は指定席開放が行われます。

f:id:mizunotravel:20191015152238j:plain

f:id:mizunotravel:20191015152352j:plain

f:id:mizunotravel:20191015152432j:plain

 この時間の新千歳空港駅は人気がなく寂しい雰囲気が漂います。22:00の時点で残り2便ほどしかありませんし、仕方のないことかもしれません。改札前の雰囲気はこのような感じです。

f:id:mizunotravel:20191015235451j:plain

f:id:mizunotravel:20191015235840j:plain

 普段は切符の購入でにぎわう券売機も、さみしさをより引き立てるように全ての台が元気に稼働していました。

f:id:mizunotravel:20191016000106j:plain

 さて、ここに居てもすることはありませんからスカイマークのロビーに向かうことにします。会社により、どの方面に向かうのかが変わるので気を付けましょう。こちらはANAPEACHなどの乗り場行きです。

f:id:mizunotravel:20191016000420j:plain

 JALスカイマークはこちらです。

f:id:mizunotravel:20191016000636j:plain

 ここからは写真はあまり撮影をしておりませんが、制限エリア内のカウンタースペースでパソコンの作業をしていました。電源が確保できるので、非常に便利です。羽田空港ではなかなか電源を得ることが難しいからです。(電源スペースはあるが、競争率が激しい)ちなみにチケットはこちらです。

f:id:mizunotravel:20191016013225j:image

 さて、出発の1:10が近づいてきました。早速登場をしていくことにします。ちなみに、これが私の一人での初フライトだったため、緊張しすぎて写真があまりとれていません…ボーディングブリッジを歩む、その歩幅も幾分か狭くなってしまいます。緊張のせいでしょう。

 橋の左手先に見えるのは、今回に搭乗するB737-800でした。これは小型ジェット機で、国内を起点とするLCCJAL,ANAなどのローカル路線にて使われる機材になります。

 早速乗り込んでフライト開始です。上昇して安定してくると、コーヒーとチョコレートのサービスがなされました。これはスカイマークの定番サービスのようです。疲れた体に沁みます。が、夜も遅いので羽田についたら歯磨きはお忘れなく…

 爆睡していたら羽田空港に到着。さすが高い定時到着率を誇るスカイマーク、時刻通り2:50に到着しました。

 しかしここで特筆すべき事項が一つ、羽田空港国内線ターミナルは3:00で閉鎖されるのです。そのため、外に出されてしまいますからタクシーなどで、国際線ターミナルに移動する必要があります。国際線ターミナルへは1200円程度だった気がします。

3.朝、そしてフィナーレへ。

 そして、私は羽田空港国際線ターミナルで一夜を明かしました。ここからは東京モノレールに乗り、帰ることにします。早朝の時間帯でも混雑は激しいです。

 これに乗り、浜松町までやってきました。疲れからか、不幸にもピンボケしてしまいました…無念…

 さて、話は変わりますが、これで本当に北海道企画は終了になります。7週間にわたりお届けしてまいりました。これを見て初めてシリーズを知った方も、ちょっとだけ流し見された方も、すべて読んでくださった方も、本当にありがとうございました。私にとって、人生で初めての北海道や一人飛行機など、初めて尽くしの良い経験になりました。この旅を共に過ごした友人にはたくさんの迷惑をかけたことを、ここでおわびさせていただきます。誠に申し訳ございませんでした。

 また、私の文章力のなさに辟易しておられる方もいらっしゃるかと思いますが、私なりに深く研究をして、皆様の興味を引く、読みやすい文章を書いていけるように邁進してまいりますので、応援をしてくださるととてもうれしいです。

 最後になりますが、この度は北海道企画をお読みいただき誠にありがとうございました。次の投稿からは平常運転に戻り、北海道以外のことも取り上げていきます。

・まだお読みでなければこちらをお読みください(過去シリーズ)

www.mtra.xyz

www.mtra.xyz

www.mtra.xyz

www.mtra.xyz

www.mtra.xyz

www.mtra.xyz

www.mtra.xyz