大福

鉄道やバス、船など様々な乗り物などが好きな大学生の拙いブログです。ゆるーく書いています。

【駅探訪】眠れる財宝の湧く街「越後湯沢駅」

 皆さんこんにちは、大福でございます。今回は越後湯沢駅について紹介をしていこうと思います。越後湯沢には素敵な名所がたくさんありますから、今回は駅に合わせてそれらも紹介していきます。

f:id:mizunotravel:20191105000956j:plain

 

 

1.湯沢町について


 まずは越後湯沢駅のある湯沢町について紹介していきます。湯沢町南魚沼郡に属しており、その名から察して余りあるように田も多くお米も名産であります。
主にリゾート地としてここ数十年は発展を続けてきており、その中心地として越後湯沢駅は機能しているのです。
 湯沢町には温泉やスキー場などたくさんの観光名所であふれています。今回のタイトルにある「眠れる財宝」とはまさに温泉を指しています。たくさんのリゾート客でにぎわった湯沢町はバブル期にリゾート法(総合保養地整備法)により、多くのリゾート建築が軒を連ねましたが、バブルの崩壊とともにこれらは多くが必要のないものになってしまい、街もそれに合わせ廃っていきました。しかしながら、今はインバウンド客も含め多くの観光客でにぎわいかつての輝きを取り戻したかのような湯沢町。観光資源がたくさんですから、みなさんもぜひ遊びに行ってみてくださいね。

f:id:mizunotravel:20191105120300j:plain

 

2.湯沢温泉とスキー場


 続いて湯沢温泉とスキー場について紹介していこうと思います。湯沢町は超が付くほどの豪雪地帯であり、国から指定を受けているほどです。そんな街ですから、当然のようにスキー場は軒を連ねます。有名なのはガーラ湯沢でしょう。新幹線も越後湯沢駅から分岐をしており、スキーシーズンには臨時で列車を運行させるほどです。他には○○○○などがあり、これらも上質な雪質が評判を呼ぶ素晴らしいスキー場です。
 湯沢町はそれだけではありません。湯沢町のもう一つの観光名物は「温泉」です。これを目当てに来る人は数知れず。高齢者を中心に人気のスポットです。そのため、駅前には春夏秋冬問わず多くの観光バスが停車しています。山奥の街とは思えないほどの人の多さだと言えます。
 他にも周りには山がそびえたっているため、登山も盛んにおこなわれています。読者の方々の中には、すでに上った方もいらっしゃるかもしれません。どのような山が素敵かコメントをお願いします。

f:id:mizunotravel:20191105120956j:plain

3.越後湯沢駅について


 さて、早速ですが越後湯沢駅について紹介をしていきます。越後湯沢駅にはJR東日本上越線(いわゆる上越北線)と上越新幹線、また北越急行ほくほく線も乗り入れていますが一部の列車のみがやってきて、残りはすべて六日町までの運行になります。

f:id:mizunotravel:20191105001402j:plain

f:id:mizunotravel:20191105001450j:plain
 駅舎を見ていきましょう。駅舎の外観はいかにも日本らしい落ち着いた雰囲気であり、とても好感が持てます。東西ともに似たような作りです。

f:id:mizunotravel:20191105001644j:plain

f:id:mizunotravel:20191105000956j:plain
 中に入ると特徴的なのがこの広い通路。撮影時期が秋ですのでまだ活用されていないかと思いますが、冬のスキーシーズンには大変なことになるのではないかと予想します。また、それとともにこの広い通路の有用性が明確なものとなるのではないでしょうか。


 駅中には駅弁などを売るお店に加えて、食事処がたくさんありました。一番人気はお寿司屋さんでしたね。


 離れたところには蕎麦屋さんなどもあり、予算に応じた幅広い食事を楽しむことができます。
 みどりの窓口や券売機は駅の規模の割には小さくて台数も少なめで不安になります。現にかなり混んでいましたしね。速めに買うか旅行の前に往復分まとめて購入するのが良いかと思います。
 改札を抜けてみましょう。改札は在来線は有人改札・新幹線並びに乗り換え改札は自動改札と別れているようです。最初は分かりにくく通り抜けるのに戸惑いました。まさか在来線だけ友人だなんて思いませんでしたから…
 在来線側には特に店などはありません。入る前に買いましょう。逆に新幹線側改札内にはNewDaysのコンビニがあるなど結構便利。買い物も食事も全く問題ありません。

 次にそれぞれホームについて紹介をしていこうと思います。

 まずは在来線側についてです。在来線側は2面4線となっています。ほくほく線の0番乗り場のみ切り欠きホームになっています。

 ホームにも特に買い物ができるような場所はありません。これは新幹線ホームも変わりはないです。

 上越線は都心と日本海を結ぶ貨物の大動脈であるため、たくさん貨物列車がここ越後湯沢駅を通過します。そのため、貨物が見所となります。

 新幹線側はきれいな2面4線です。こちらはスノーシェルターに囲われており、重厚感が感じ取ることができます。

 高崎・上毛高原側からはトンネルを抜けてすぐが駅になりますから、トンネルから現れる車両の迫力が魅力と言えます。

 新幹線側改札内には巨大スキー板があるようで、ギネスに申請をしたそうです。

f:id:mizunotravel:20191105122741j:plain
4.さいごに

 越後湯沢駅南魚沼郡湯沢町の一大観光拠点として位置しており、シーズンを通して多くの観光客が訪れ賑わう駅です。温泉やスキー、秋には紅葉など魅力的なもの・イベントは季節ごとに変わり、またそれが人気を博す要因の一つとなっています。

 湯沢町自体にはもちろんですが、越後湯沢駅も街に負けない魅力を持った素晴らしい駅です。ふるさと新しさのハイブリッドには目を引くものがあります。ぜひ訪れてみてください。

 途中で越後湯沢駅に寄った北海道旅の記事も配信していますから、そちらもあわせてごらんください。

 

www.mtra.xyz